HOME > 「通」になるために和食器の造詣をよく知ろう

・「通」になるために和食器の造詣をよく知ろう

和食器というのは、形がいろいろありますよね。自由自在で奔放な多種多様な形も和食器の特徴のひとつでしょう。

形は作った人の個性次第で、数え切れないほどの造詣を持つので、まるで自然界にあるすべての事象を表現しているかのようです。実用ということからすれば、和食器より西洋のプレートは画一的なので使いやすいのですが、和食器にはそれ以外の魅力も持っています。

多種多様な形といっても、さすがに人間の手で作っているので三次元的な物理的制約があり、CGのような表現は不可能です。

土や木材の特性の限界もあるためです。というわけでベースの基本形は決まっていて、それは「円形」と「角形」です。このふたつから派生していくのが和食器の造詣です。こう理解しておくと、たくさんある器の形もすこしは理解しやすくなるでしょう。

和食器の造詣はほんとうにたくさんあるので、紹介しきれないくらいですが、たとえば角型はオーソドックスな形の長方形の造詣です。

お刺身なんかを乗せるのがよいでしょう。扇というのは名前のとおりの扇の形をしていて、これはちょっとしたお新香なんかを乗せるといいかもしれません。

木の葉や三日月の形をしているのもあります。

木瓜(もっこう)というのは平安時代からの家紋で、ウリを輪切りにしている、鳥の巣の卵のような造詣です。
4枚から5枚の文様が描かれているものが多くなります。外側と内側の段差があるのでしょうゆなんかを入れるものよいでしょう。

銅鑼(ドラ)というのは日本ではすこし馴染みの薄いものなので、太鼓のような形になっています。
大きめなのでいろいろな用途が考えられます。

「なぶり・縁なぶり」というのは整った器の縁の部分を波打つ造詣にしたもので、「なぶり」のほかにも「三方なぶり」「四方なぶり」などがあって、ただ押して湾曲したものを「片押」「二ッ押」「三ツ押」などといいます。

そば猪口という陶器は麺類から湯のみ、調味料などの入れ物としていろいろな使われ方をしてきました。これを洋物にすることもできます。たとえばアイスクリーム・コーヒーなどもマッチして使えるのです。お客様が来たときではソーサーとして木皿・コースターを使いましょう。