HOME > 初心者が知っておきたい和食器のあれこれ

・初心者が知っておきたい和食器のあれこれ

和食器を買ってみたい!という人のための、和食器入門です。

まず和食器というのはサイズ・形・材質などがたくさんあります。
現在の日本の食卓では、世界の国々の料理がメニューになることがありますが、そんな多国籍な料理でもこなせてしまうという多様性が和食器の魅力のひとつです。

和食器の初心者の人に多い悩みは、シリーズで揃えることができる洋食器と比べてどれを選べばいいのか迷ってしまうということだそうです。しかし、そんな難しく考えずに、器の性質と手入れの仕方さえわかっていれば自由に楽しめてしまえるのが和食器のよいところでしょう。

そこで和食器の性質ですが、和食器というのは大きく分類すれば陶器と磁器に分けられます。

陶器は土でできたもの、磁器は石でできたものです。

陶器というのは柔らかい温もりがありますが、土の粒子が粗いので吸水性があって、やや耐久性に欠けたりします。

磁器というのは水を弾いて透光性があって、ちょっとシャープで冷たい感じがありますが、耐久性という面では陶器よりも上になります。

陶器と磁器の違いで手入れ方法も変わってきます。
備前焼・信楽焼き等の陶器以外では、陶器・磁器の器というのは、ほとんどが素焼きしたあとで釉薬(ゆうやく、うわぐすり)
というものをかけています。


釉薬をかけると、ガラス状の皮膜になって、器が丈夫になって水漏れがしにくくなります。
さらに器の色・光沢・肌合いを変化させるという装飾的な効果ももっているのです。

陶器では釉薬がムラになっているのもひとつの味わいになりますが、磁器では違ってきます。
釉薬が垂れていたり、まだらになっていないかをチェックしてください。
無地の磁器では釉薬の具合が目立つので特に注意です。

陶器はもちろん土で作られていて、土や釉薬の種類や焼く温度の違いでいろいろな味わいがあるのが面白いところです。抹茶のためのお椀はお茶以外でもいろいろな使い方をすることができるでしょう。