・和風を感じる!和食器の魅力

和食器や陶器というものは、西洋の食器とはまた一味違った味わいがありますよね。
和食器の魅力と言えば、昔の日本を感じさせる、温かいぬくもりを持った懐かしい感じがあることでしょう。

現在の日本はもちろん洋食器も普通に使われていますが、和食器というものは世界的にも種類が多様なことがポイントです。文様が入ったものや無地のもの、それぞれに独特の魅力があります。

食器というのは毎日の食事に使用するという日常品ですが、それと同時に美術品でも
あります。そのひとつひとつに和食器の奥深さを感じることができるでしょう。

試しに一度ネットの和食器のホームページに行ったり、画像を検索してみたりしてください。
眺めているだけでも上質な芸術品を見ているようで楽しいので、買ったらいつでも見れる・使えるのでよいでしょうねえ。

しかし、小々お値段が高めなのが問題点かもしれません。それでも一度購入するとほとんど一生ものに近い品物なので、思い切って奮発してみるのもよいでしょう。

和食器の魅力はまだあります。それは多様性をもっていることです。
洋食器というのはたいてい用途が決まっているものがほとんどです。
たとえばスープを入れるのがこの器、サラダがこの器、パスタがこの器…というように。

しかし和食器は基本的に何に使っても自由なので、ひとつの器でも様々なと用途があるのです。

それから、和食器では「季節感」を味わうこともできます。
夏は涼しさを感じる器、冬は温かさを感じる器というものがあります。
また、和食器の文様の草木の種類を理解していると、夏の草木ならこれ、冬の草木ならこれというように、季節に合わせた使い方ができるでしょう。

海外の食器も当たり前に買えるようになった今だからこそ、和食器の魅力を見直したいものですよね。

それから海外に知り合いがいる人は、外国人はだいたいこのような日本の昔の文化を好むことが多いので、贈り物にするととても喜ばれるんじゃないでしょうか。